×
施術台

手軽にプロ仕様になれる

船橋エリアには、年齢を重ねた女性が足しげく通う美容室があります。うっとりする髪の艶は年齢を重ねるほどになくなってしまい、髪質が変化するそうです。美容サロンでは女性ホルモンの分泌の減少による変化を早急に解決するため、キューティクルが開きっぱなしにならない補修ケアを施すことで人気になっています。髪のパサつき、艶のなさ、これは「自己補修能力がない」から繰り返すことが分かっています。そこで美容室では、カラーやパーマ、アイロンなど、髪を傷めるものとの付き合い方に気を付けるセルフケアのアドバイスから、ケア製品の販売まで行っています。ドライヤーもプロ仕様、使うたびに髪に少なからず負担をかけるにしてもできるだけ美しさを育てる、そうしたプロ愛用アイテムにシフトできます。人気になるのは、知識や技術が不要でセルフケアに励める点でもあるようです。

美容師みたいなバランスになれる

船橋の美容室は、カットやカラー、パーマを施すだけでなく、フェイスラインの悩みまで解決できることからも利用されています。伸ばすと切りたい、切ると伸ばしたいなど、前髪のバランスは年齢を重ねるごとに重要になるものです。それは、年齢によって顔の形が変わってくるからともいいます。しぼむ顔、細い髪に合わせて上手に顔まわりの髪を変化させる美容師さん自身、いくつになっても顔のバランスはよく、美しい印象です。例えば、フェイスラインのたるみには、長めの前髪をサイドに流すなど、縦長の印象を横切るラインをつくるだけですが、顔もきゅっと小さく見えます。

ワザを活用できる

顔にたるみが出たのなら、通常は船橋エリアのエステサロンに通うのでしょうが、意外に美容室に相談される女性が増えています。たるみの輪郭を目立たせないために、フェイスラインに髪を沿わせるカバースタイルを指導してくれます。潔いまとめ髪ではないのがポイントで、顔全体をくっきり見せてしまうと輪郭が丸見えになるようです。前髪、顔まわりに少し毛束を落とすなど、美容師だからこそのワザが目立ちます。ポイントは、前髪で額の両端を隠すようにしながらおでこを三角に見せることで、一気に小顔になるそうです。たった5分の輪郭矯正の相談ができる、そうした活用方法もあります。

広告募集中